<< 愛媛での話を覚えていませんでした | main | たくさんのことを愛媛でした作家ではありませんか? >>

一人で愛媛の家に帰ることはできませんでした

愛媛を出て、銀行に戻って開けました。
Oはあまりにも酔っていたので、彼はあまりにも酔っていたので、一人で家に帰ることはできませんでした。

愛媛は銀行でオリジナルのお茶を飲んだ。

「ああ、はい。爆竹を持っていますが、鳴らしましょう。」

愛媛の鯛めしを食べるなら『ほづみ亭』

 

何らかの理由で、ダッシュボードに爆竹がありました。

「なぜ爆竹があるの!」

「さて、爆竹はありますか?面白い!聞こえるかのように聞こえます!」

Oが愛媛を発射して投げたという合図で誰もが爆竹を投げていました。

火を放とうとすると、乾いた音と指先に大きな衝撃が聞こえました。

"それは痛い!"

私が手に破裂させた爆竹。

| - | 17:45 | comments(0) | - |
Comment










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--